GRCをMacで使う方法を画像30枚で具体的に解説!おすすめはVPS!

GRCをMacで使う方法を教えてほしい

GRCをMacで使う方法ってたくさんあるけどどれがおすすめなの?

そんな疑問を解決していきますね。

こんにちは、ヒノキです。

先に結論をお伝えすると『検索順位チェックツール『GRC』をMacで使うには『さくらVPS』がおすすめです。

ただ『さくらVPS』と聞いても「なにそれ?」って感じですよね。

そこで当記事では、VPSを利用するメリット・デメリットと、MacでGRCを動かす方法を30枚以上の画像でわかりやすく解説していきますね。

目次

MacでGRCを使うにはVPSが1番おすすめ

まず大前提として、検索順位チェックツール『GRC』は普通のやり方ではMacのパソコンで動かすことはできません。

そのためMacでGRCを使うには、以下の3つの方法の1つを選択する必要があります。

  • WINEというアプリを入れてGRCを使う
  • Boot CampでMacのパソコンにWindowsをインストールしてGRCを使う
  • VPS(仮想サーバ)を契約してGRCを使う

ただし、WINEはMacの最新バージョンでは使えなくなってしまい、Boot CampはMac→Windowsに切り替えるたびにPCを再起動するデメリットがあります。

つまりMacでGRCを使う方法にはVPSを利用するのがもっともおすすめとなります。

さくらVPSとは?

VPSを提供している会社はいくつかありますが、1番のおすすめは『さくらVPS』になります。

さくらVPSは「さくらインターネット」が提供している仮想サーバーですね。

VPSとは

VPS(バーチャル・プライベート・サーバー)は、日本語で仮想専用サーバーという意味です。インターネット上に自分専用のサーバーを作ることができ、そのサーバーにGRCを設置することができます。

つまり、さくらVPSでGRCを使うということは、自分のPCにGRCを導入するのではなく、インターネット上にあるPCでGRCを動かすということです。

>>さくらVPSの公式サイトを見る

実際にMacのPC上でWindowsの仮想サーバーへアクセスし、GRCを操作している画像です。

ここからさらにVPSでGRCを使うメリット・デメリットも説明しますね。

【VPSのメリット】自分のPCが電源OFFでも検索順位をチェックできる

VPSの最大のメリットは、サーバー上でGRCがずっと稼働し続けることです。

自分のPCが電源OFFでもサーバー上でGRCが動いているので、365日決まった時間に確実に検索順位をチェックすることができます。

逆に自分のPCでGRC使う場合、PCの電源が入っていないと検索順位のチェックはできません。

「PCを開いていない間に大きな順位変動があったけど気付けなかった…」なんてことも。

また検索順位は毎日同じ時間にのチェックしたほうが、正確な順位の推移を確認することができるので、質の高いデータを取るためにも、VPSでGRCを動かすメリットは大きいですね。

ポイント

検索順位は朝、昼、夜でもけっこう変動するので、毎回同じ時間帯に検索順位をチェックしたほうがいい

【VPSのデメリット】VPS利用料金が追加でかかる

VPSでGRCを使うデメリットは、VPSの利用料金がかかってしまうことです。

『さくらのVPS for Windows Server』でもっとも低価格の『W1G』プランを使うのですが月額1,100円がかかります。

GRC自体の利用で月額495円がかかるので、トータルで月額1,595円が発生することになりますね。(GRCをお得な年払いにすれば、月額1,512円)

ちょっと割高に感じてしまうかもしれませんが「MacユーザーでもGRCが使える」「サーバー上でGRCが稼働してくれる」というメリットを考えれば、支払う価値のある金額だと思いますよ。

さくらVPSでMacにGRCを導入する手順

ここからは実際にさくらVPSを利用してMacにGRCを導入する方法を解説していきます。

これから実施する手順は大きくわけて3つです。

  1. さくらVPSを契約する
  2. VPSの起動とログイン
  3. リモートデスクトップでアクセス
  4. VPSにGRCをダウンロードする

1つずつ解説していきますね。

【1】さくらVPSを契約する

まずはさくらVPSを利用できるように契約していきます。

さくらVPSのサイトにアクセスしてください。

①[for Windows Server]を選択し[お申し込み]をクリック。

②[新規会員登録へ進む]をクリック。(さくら会員IDをお持ちの場合はログインしてください)

③[メールアドレス]の入力と[個人情報の取り扱い]にチェックを入れ[会員登録のご案内メールを送信]をクリック。

④登録したアドレスに[認証コード]が記載されたメールが届きます。

⑤メールに記載されていた認証コードを入力し[次へ進む]をクリック。

⑥続いて会員情報の入力になりますので、必要事項を入力してください。

⑦パスワードの設定とメールマガジンの受信設定を選択したら[確認画面へ進む]をクリック。

⑧確認の後は認証作業となります。[SMSで認証コードを受け取る]をクリックし、認証作業を進めてください。

⑨認証が完了したら[さくらのVPS for Windows Server お申し込みページへ進む]をクリック。

⑩[リージョン・ゾーン選択]をしますが、これはどれを選択しても問題ないです(この解説では大阪を選択しています)

⑪[お申し込みプラン]は[W1G]を選択します。

⑫[追加ソフトウェア]は[プリインストール不要]を選択します。

⑬[リモートデスクトップライセンス]に[1個]と入力し[ライセンス数を確認しました]にチェック。

⑭お支払い方法を選択します(支払い方法はなんでもOK)

⑮2週間無料のお試し期間があるので[利用する]にチェック。約款のご確認も[同意する]にチェックし[確認画面へ進む]をクリック。

⑯申込内容を確認し[この内容で申し込む]をクリック。

⑰申し込みが完了すると、仮登録完了のお知らせメールが届きます。

⑱メール内の[サーバ情報]は重要なので必ずメモしておいてください。
(今回はWindows Serverなのでユーザ名は『Administrator』となります)

以上で、さくらVPSの契約の手順は完了です。

続いて契約したVPSを起動させ、ログインする手順をお伝えしていきます。

【2】VPSの起動とログイン

ここからはVPS起動とログインの手順を説明していきます。

①メールに記載の[VPSコントロールパネル]のURLにアクセスします。IDを求められたら[サーバーのIPアドレスでログイン]をクリック。

②メールに記載されている[IPアドレス][パスワード]を入力し、[ログイン]をクリック。

③ログインすると画像のような管理画面が表示されるので、契約したサーバーの名前の部分をクリック。
(画像では[稼働中]で緑のランプが付いていますが、最初は[停止中]になっています)

④[電源操作]→[起動する]をクリックして起動すると[稼働中]と緑のランプが点灯します。

ポイント

契約したWindows Server(WEB上にあるWindowsのPC)の電源を入れる作業です。

⑤[コンソール]→[VNCコンソール]をクリック。

ポイント

VNCコンソールはWindows Server(WEB上にあるWindowsのPC)のコントローラーのようなもので、VNCコンソールからサーバーへアクセスすることができます

⑥Windowsの画面が表示されるので[Ctrl + Alt +Del]をクリック。

⑦メールに記載されていた[管理用ユーザ]の[ユーザ名][初期パスワード]を入力
(ユーザ名は『Administrator』です)

⑧ログインできるとデスクトップ画面が表示されます。

以上でVPSの起動とログイン作業が完了です。

これでVPSの準備は整いました。

ですが、これからGRCを使っていくうえで、毎回今のようにVNCコンソールを使ってアクセスするのは面倒くさいし、とても使いにくいです。

そこで続いて行うのが『リモートデスクトップ』という機能で簡単にVPSにログインする方法です。

【3】リモートデスクトップでアクセス

ここからはリモートデスクトップを使ってVPSへアクセスする方法を解説していきます。

ポイント

リモートデスクトップとは、手元のPCからWEB経由で接続された他のPCを操作する技術です

①『App Store』から『Microsoft Remote Desktop』を入手。

②入手した『Microsoft Remote Desktop』を起動し[Add Desktop]をクリック。

③画像のような表示が出るので[PC name]に、さくらVPSの仮登録完了のお知らせメールに記載されていたIPアドレス(◯.◯.◯.◯ の数字)を記入。[User account]の[Add User Account]を選択。

④表示される[Username][Password]にさくらVPSの仮登録完了のお知らせメールに記載されていた[ユーザー名][パスワード]を記入。

⑤入力が完了すると画像のようにPCの表示が1つ追加されるのでクリック。

⑥再度[Username][Password]の入力を求められたら、同じく[ユーザー名][パスワード]を入力し[Continue]をクリック。

⑦画像のような英文の表示が出てくるかもしれませんが気にせず[Continue]をクリックしてください。

⑧ログインできるとVPSのデスクトップ画面が表示されます。

以上でリモートデスクトップでVPSへログインし操作することが可能になります。

使ってみるとわかると思いますが、さくらインターネットのサイトからVNCコンソール経由で動かすよりも明らかにスムーズに操作できると思います。

残るはこのVPS環境に検索順位チェックツール『GRC』を導入するだけですね。

【4】VPSに『GRC』をダウンロードする

ここからはVPSにGRCを入れる作業となります。

①VPSのPC上でインターネットを開き『検索順位チェックツールGRC』のサイトへアクセス。

②GRCの公式サイトから[ダウンロード]→[最新版GRCのダウンロード]をクリックしダウンロード作業を進める。

以降のGRCのダウンロードの手順は画面の表示に従って、ダウンロードしていけば大丈夫です。

「GRCのダウンロード」→「有料ライセンス設定」→「GRCにブログとキーワードを登録」の手順は、GRCの使い方と設定方法を画像付きでわかりやすく解説!の記事で詳しく解説していますのでチェックしてみてください。

まとめ:MacでGRCを動かすにはVPSが1番

ここまでMacでGRCを使う方法として『さくらVPS』がおすすめであること、そして実際にさくらVPSでGRCを導入する流れを解説してきました。

VPSを使えばMacでも問題なくGRCを使うことができ、さらにPCを閉じているときもWEB上で稼働してくれるので、365日フル稼働で検索順位をチェックしてくれます。

VPSの利用料金が少しかかってしまいますが、それ以上に大きなメリットだと思います。

MacでGRCを使うには、4つのステップが必要です。

  1. さくらVPSを契約する
  2. VPSの起動とログイン
  3. リモートデスクトップでVPSへアクセスする
  4. VPSにGRCをダウンロードする

手順が少し長いですが、一度設定してしまえば、あとは問題なくGRCを利用することができますので、ぜひMacユーザーでGRCを使いたい場合は、この記事でお伝えした方法を試してみてください。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

コメント

コメントする

目次
閉じる